ネット事件簿(2017年11月)

※一般財団法人インターネット協会様の情報を抜粋して掲載しております。

▼2017.11.1(sanspo.com)
益若つばさらの画像のぞき見 不正アクセス容疑で男を再逮捕
福岡県警は画像などを保存するインターネットサービスに許可なくログインし、モデルの益若つばさらの私的な画像をのぞき見るなどしたとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで、契約社員容疑者(31)を再逮捕した。

▼2017.11.2(産経ニュース)
私を非難する職員をクビに中傷メール手紙300通神戸大が男性主任を減給処分
神戸大は、教職員を誹謗中傷するメールなどを送った障害者雇用促進室の50代の男性主任を減給1カ月の処分にしたと発表した。

▼2017.11.5(asahi.com)
ニコニコ動画視聴者が通報して男逮捕 女性への傷害容疑
愛知県警は名古屋市に住む無職の男(44)を知人女性(28)への傷害容疑で逮捕し発表した。女性はけがを負わされた後、男の自宅から「ニコニコ動画」にけがの状況を配信した。

▼2017.11.7(asahi.com)
女優らの筆跡まねて手書き 偽サインで3千万円詐欺容疑
芸能人の偽サインをインターネットで売ったとして、宮城県警は、仙台市イベント企画業容疑者(29)ら4人を詐欺の疑いで逮捕し発表した。
逮捕容疑は、ネットオークションに俳優らのサインボールや色紙の偽物を直筆として出品、3人に落札させ計約1万2千円をだまし取ったというもの。

▼2017.11.8(産経ニュース)
返礼品紹介サイト閲覧を市職員に指示 ふるさと納税で鹿児島・志布志市
ふるさと納税の寄付額で全国上位の鹿児島県志布志市が、返礼品を紹介する大手サイトを閲覧するよう、朝礼などで市職員に呼び掛けて組織的にアクセスしていたことが分かった。

▼2017.11.10(産経ニュース)
ネットで知り合った男性と自殺図り死なす 自殺幇助容疑で33歳男を逮捕
山梨県警南アルプス署は、車の中で練炭を使い同乗の男性と心中しようとしたとして、自殺幇助の疑いで、自称住所不定無職容疑者(33)を逮捕した。

▼2017.11.14(日本経済新聞)
クリック稼ぎに事実演出 SNSに過激動画 逮捕者も
SNSの投稿を巡るトラブルが後を絶たない。過激な動画をきっかけに、事件に発展したケースもある。誰もが発信できる手軽さの一方で、使い方を一歩間違えれば、犯罪につながる危険性をはらむ。

▼2017.11.15(asahi.com
盗んだボール1193個、ネットで転売 3容疑者再逮捕
高校の野球部の倉庫からボールやバットが盗まれた事件で、埼玉、群馬などの5県警は、土木作業員容疑者(20)ら男3人を窃盗と建造物侵入の疑いで再逮捕したと発表した。

▼2017.11.15(sanspo.com)
出会い系アプリで詐欺、5億円被害か バイト20人が女性に成りすます
出会い系アプリの利用者から現金約58万円をだまし取ったとして、埼玉県警は詐欺の疑いで東京都無職容疑者(32)ら男2人を逮捕した。

▼2017.11.21(sanspo.com)
ツイッターで乱交募集、約6000万円売上か 容疑の無職男を逮捕
ツイッターで乱交パーティーの参加者を募ったとして、警視庁保安課は、売春防止法違反の疑いで、東京都無職容疑者(31)を逮捕した。

▼2017.11.28(日本経済新聞)
東レ、データ改ざん「ネット掲示板で書き込み」から公表
東レの日覚昭広社長は記者会見で、子会社が製品の品質データを改ざんしていた問題について「ネットの掲示板で書き込みがあり、それに関して何件か問い合わせがあった」としたうえで「噂として流れるよりも内容を公表すべきだと考えた」とし、この時期に発表した経緯を語った。

最新のインターネット関連ニュースの一覧はこちらをご覧ください。