ネット事件簿(2019年2月)

※一般財団法人インターネット協会様の情報を抜粋して掲載しております。

▼2019.2.5(日本経済新聞)
少女の半裸画像拡散疑い 中学2年男女を書類送検
知人の中学2年の少女(13)が自撮りした上半身裸の画像を無料対話アプリLINE(ライン)で同級生らに送信、拡散させたとして、愛知県警少年課は5日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、いずれも14歳で県内に住む中2の男子生徒と女子生徒を書類送検した。
女子生徒は「面白半分だった」と、男子生徒は「少女に以前、自分の髪形をばかにされ、仕返しのつもりだった」と供述している。

▼2019.2.18(産経ニュース)
大戸屋、不適切動画でバイトを解雇処分 法的措置も検討
大戸屋は、大阪府の「大戸屋ごはん処りんくうシークル店」のアルバイト従業員が不適切な動画を撮影し、SNSに投稿したと発表した。
大戸屋は撮影に関わった3人を解雇処分にし、法的措置を検討しているという。

▼2019.2.21(日本経済新聞)
就活生に強制わいせつ容疑、大林組社員を逮捕
就職活動のOB訪問で知り合った女子大学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁三田署は、「大林組」社員容疑者(27)を強制わいせつの疑いで逮捕した。

▼2019.2.21(西日本新聞)
ショートメールで女性を脅迫 容疑で無職の女を逮捕
福岡県警若松署は、北九州市無職女(37)を脅迫の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は、同市在住の女性店員(31)の携帯電話に、生命や身体に危害を加えかねないという内容のショートメールを送信して脅迫した疑い。

▼2019.2.22(jiji.com)
大阪知事と前新潟知事、和解=ツイッター名誉毀損訴訟-大阪高裁
ツイッターへの投稿で社会的評価を低下させられたとして、松井一郎大阪府知事が米山隆一・前新潟県知事に550万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪高裁で和解が成立した。

▼2019.2.23(asahi.com)
2千万円払っても連絡先交換できず 出会い系に賠償命令
出会い系サイトで女性会員と連絡先を交換する費用として約2千万円をだまし取られたとして、60代男性が振込先口座の名義の会社などに損害賠償を求めた訴訟の判決が、福岡地裁であった。
古市文孝裁判官は、口座名義の会社などに2162万円の支払いを命じた。

▼2019.2.25(産経ニュース)
指定薬物「シバガス」輸入の疑い 男子大学生を逮捕
オランダから指定薬物の一酸化二窒素を輸入したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は、医薬品医療機器法違反の疑いで、東京都の大学生容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めている。

▼2019.2.27(日本経済新聞)
任天堂ゲーム機用の偽カード販売、容疑の夫婦逮捕
任天堂ゲーム機にかざすとキャラクターが利用できるようになる周辺「amiibo」の偽カードを販売したなどとして、千葉県警は、会社員容疑者(35)と、妻のパート従業員容疑者(35)を商標法違反容疑で逮捕した。

▼2019.2.27(日本経済新聞)
フリマアカウント、不正作成の疑い 販売業者を逮捕
北海道警は、フリーマーケットアプリのアカウントを不正に作成したとして、アカウント販売業容疑者(39)ら5人を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで逮捕した。

▼2019.2.28(産経新聞)
市立病院備品をネットで売却 小田原市職員を免職
勤務先の神奈川県小田原市立病院から家電製品などを持ち出し、小田原市は市立病院の備品を横領し、ネットオークションで売ったとして、女性職員(34)を懲戒免職処分にしたと発表。市は刑事告訴を検討している。

▼2019.2.28(毎日新聞)
運転中に不適切動画撮影 ALSOK兵庫・元社員が投稿
警備大手のALSOKは、傘下のALSOK兵庫の元社員が不適切な動画を撮影し、SNSに投稿していたと発表した。

 

最新のインターネット関連ニュースの一覧はこちらをご覧ください。