「ながら運転」厳罰化へ

タイトルは今日の朝刊の1面にあった見出しです。

改正道交法が今年の12月1日より施行されます。
具体的な内容を記します。

運転中の携帯電話の使用(保持)については点数を1点から3点に、携帯電話の使用により交通の危険を生じさせる違反(交通の危険)については2点から6点に、いずれも3倍に引き上げるそうです。

「保持」の反則金も現在の約3倍に引き上げられます。

「交通の危険」については、直ちに刑事手続の対象となり、罰則も1年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

あおり運転などの危険な走行が社会問題化され、毎日のように報道されています。

運転しながらスマホを操作するながら運転も、スマホに集中するゆえに運転時の注意力が散漫となり、瞬時の判断力が鈍ったり、運転を誤ったりと、かなり危険な行為といえるでしょう。

スマホの地図をカーナビ代わりに利用したり、音楽アプリをカーステレオ代わりに利用したりする人は多いと思いますが、運転中に操作をするのではなく、事前に設定をしてから運転を開始しましょう。
信号待ちでSNSをチェックしたり、スマホのゲームに没頭したり、という人はいないと思いますが、待っている時間が暇だとしても運転中にそのような行為をすることが適切ではないとわかっているはずです。

便利なスマホではありますが、利用時は自身を律すること(自律)が求められます。
時と場合を考慮し、安全利用をこころがけてください。

タイトルとURLをコピーしました