ネット事件簿(2022年7月)

▼2022.7.30(讀賣新聞)
泥酔女性にわいせつ・スマホ撮影、拡散すると脅迫し再びわいせつ行為…19歳大学生を起訴
女性に乱暴したなどとして、男子大学生(19)が強制性交容疑などで逮捕された事件で、札幌地検は、大学生を強制性交と準強制わいせつ罪で札幌地裁に起訴した。

▼2022.7.28(日本経済新聞)
「漫画村」元運営者に19億円賠償請求、KADOKAWAなど
海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)で漫画を不正に公開されて被害を受けたとして、KADOKAWAなど出版大手3社が、サイトの元運営者に対して計19億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。コンテンツを不正にアップロードする海賊版がなくならない中、大手出版社が共同で賠償請求に踏み切ることで被害の拡大抑止を図る。

▼2022.7.28(讀賣新聞)
破産者情報サイト、国が「閉鎖勧告」も動かず…CDNが隠れみのに
破産者の名前や住所をインターネット上で公表し、削除手数料を要求する。こんなサイトの運営者に対し、個人情報保護委員会は、サイト閉鎖を勧告した。ただ、勧告の対象は「氏名等不詳」。サイトが契約しているCDN(コンテンツ配信サービス)が「壁」となり、運営者の身元が外部から確認できないのだ。勧告から一週間が過ぎた今も、サイトが閉鎖される兆しはない。

▼2022.7.28(讀賣新聞)
勤務中に私的なネット閲覧1654時間、市職員が給与475万円を返還
兵庫県加古川市は、勤務中に私的にインターネットを閲覧してその間の給与や手当を不当に受け取ったとして上下水道局の男性主査(48)を停職6か月、にするなど計4人を懲戒処分、7人を口頭厳重注意にした。

▼2022.7.28(産経ニュース) 
19歳少女に向精神薬譲渡の39歳男を有罪 大津地裁
女子高校生=当時(19)=が滋賀県守山市で昨年12月に薬物中毒で死亡した事件に絡み、この生徒ら2人に向精神薬エチゾラムを不正に譲渡したとして、麻薬取締法違反などの罪に問われた無職郎被告(39)の判決公判が大津地裁であり、大嶋真理子裁判官は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

▼2022.7.25(京都新聞)
「SMS認証」代行でアカウント不正取得疑い、男女5人書類送検 京都府警
携帯電話のSMSを使った本人確認手続き「SMS認証」を代行しSNSのアカウントを依頼者に不正取得させたとして、京都府警サイバー犯罪対策課と城陽署は、私電磁的記録不正作出・同供用容疑で、専門学校生(19)や大学生(18)ら男女5人を書類送検した。

▼2022.7.25(産経ニュース)
プロ野球賭博疑いで保育園経営者ら逮捕 愛知県警
プロ野球の試合を対象にした賭博を主催したとして、愛知県警は、賭博開帳図利の疑いで、保育園経営容疑者(30)と無職容疑者(30)を逮捕した。2人とも「間違いありません」と容疑を認めている。

▼2022.7.25(神奈川新聞)
LINEで「入院費、手術費貸して」1千万円以上詐取疑い
入院や手術費などの名目で金をだまし取ったとして、高津署は、詐欺の疑いで無職の女(36)を逮捕した。逮捕容疑は37回にわたり、40代男性会社員から現金計約1150万円をだまし取った、としている。容疑を認めている。

▼2022.7.19(産経ニュース)
暗号資産2億円マネロンか 隠匿容疑6人再逮捕、愛知
愛知、愛媛両県警は、女性(65)からだまし取った約2億2400万円相当の暗号資産(仮想通貨)のビットコインをマネーロンダリングしたとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いで、自営業容疑者(52)、会社役員容疑者(31)ら男女6人を再逮捕した。

▼2022.7.18(讀賣新聞)
秩父の坑道で酸欠か、2人死亡…SNSで知り合い4人で訪れる
埼玉県秩父市中津川の坑道で、「男性が酸欠で倒れた」と119番があった。30~40歳代くらいの男性2人が意識を失った状態で見つかり、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。現場の坑道の入り口付近の直径は約1メートル20。男性らはSNSで知り合った4人で坑道を訪れていた。

最新のインターネット関連ニュースの一覧はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました