ネット事件簿(2021年8月)

▼2021.8.31(産経ニュース)
高3女子遺棄で逮捕の男「関係を妻に嫉妬された」
東京都内の18歳の女子高生が行方不明になり、山梨県早川町の山林で遺体で見つかった事件で、警視庁向島署捜査本部に死体遺棄容疑で逮捕された容疑者(27)が「関係を妻に嫉妬された」などと供述していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。
容疑者は「約2年前にツイッターで知り合った。関係を疑って妻が嫉妬した」などと説明している。

▼2021.8.31(北海道新聞)
出会い系アプリで仮想通貨投資詐欺相次ぐ 外国人名乗り偽サイトも 3月以降被害5千万円超
出会い系などを通じて知り合った外国人を名乗る相手から暗号資産への投資を持ち掛けられ、金をだまし取られる詐欺被害が道内で相次いでいる。道警によると、今年3月に道内で初めて確認されて以降、少なくとも6件あり、被害額は計5千万円を超える。

▼2021.8.31(讀賣新聞)
「金が目当てか」ド・ドドンパ被害者への中傷投稿、知事「全力で排除」
富士急ハイランドの「ド・ドドンパ」の利用客が首の骨を折るなどの重傷を負った問題で、被害者への 誹謗ひぼう 中傷がインターネット上に投稿されているとして、長崎知事はの記者会見で「重大な人権侵害。中傷行為の排除に全力で臨む」と述べた。

▼2021.8.29(47news)
コロナ関連の消費生活相談700件 20年度、「マスク送り付け」や「キャンセル料」など
宮城県は、2020年度に県や県内の市町村で受け付けた消費生活相談の実績をまとめた。
総件数は前年度比0・4%減の1万9549件でほぼ横ばいだったが、新型コロナウイルス関連の相談は700件寄せられた。

▼2021.8.27(毎日新聞)
「へずまりゅう」 執行猶予付きの有罪判決 名古屋地裁岡崎支部
スーパーで会計前の商品を食べたなどとして窃盗などの罪に問われた被告(30)に対し、名古屋地裁岡崎支部は、懲役1年6月保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。

▼2021.8.27(京都新聞) 
甲子園4強の京都国際に差別的ネット投稿 ヤフコメやツイッター、市民団体が問題視
全国高校野球選手権大会でベスト4に進出した京都国際高に対し、インターネット上で民族差別とみられるコメントが多数投稿されている。
事態を問題視した京都市内の市民団体が、府知事に宛てて早急な対策を求める要望書を提出した。

▼2021.8.27(47news)
ファスト映画投稿「甘い認識でやった」 著作権法違反で書類送検の男性心境語る
映画の内容を10分ほどに編集した「ファスト映画」を2020年6~7月に動画投稿サイトに公開したとして、宮城県塩釜署などが著作権法違反の疑いで男女5人を摘発した事件で、書類送検された20代アルバイト男性が、東京都内で報道各社のインタビューに応じた。

▼2021.8.25(讀賣新聞)
言うこと聞かねば、生命や身体に危害…女性のアプリに不正アクセスしてメッセージ送信
福島県警いわき東署と県警生活環境課は、千葉県会社員の男(26)を不正アクセス禁止法違反と私電磁的記録不正作出・同供用、強要未遂容疑で逮捕した。

▼2021.8.25(毎日新聞)
ネット中傷容疑、君津市議を告訴 木更津の経営者 /千葉
インターネットのサイト上で中傷されたとして、飲食店経営の男性(45)が、君津市議(42)を名誉毀損容疑で木更津署に告訴した。男性の代理人弁護士が、明らかにした。

▼2021.8.24(産経ニュース)
閲覧禁止の「壬申戸籍」出品か ヤフーが削除
明治時代に全国で編纂され、当時の身分や犯罪歴など差別的な表現を含むことから閲覧禁止の「壬申戸籍」とみられる文書がオークションサイトに出品されていたことが、長野県などへの取材でわかった。

最新のインターネット関連ニュースの一覧はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました