海外での携帯電話利用について

知人より近々海外に旅行に行くそうで、表題の相談を受けました。

その方は、いわゆるガラケーと呼ばれる携帯電話(通信キャリアはドコモ)とiPhoneの2台持ち、今回の相談は、携帯電話について、海外でパケット通信料を発生させないようにできないか、とのことでした。

携帯電話は主に通話とメールで利用しているそうです。
海外では、電話を受けたりかけたりはするがインターネットやメールは利用しない、とのことでした。

写真はイメージです
写真はイメージです

日本の携帯電話を海外で利用する場合は、国際ローミングサービスを利用することにより、日本で契約している通信キャリアと接続可能な海外の通信キャリアのサービスエリアで通話や通信が可能です。
ローミングのための接続料がかかりますので、日本での通話料やパケット通信料という訳にはいかず、料金は若干高くなります。
パケット通信料については、海外利用のためのパケット定額プランがあるため、事前に加入しておくことで高額請求を防げます。
また、スマートフォンについては、上記対策に加えWi-Fiや無料通話アプリの利用で、通話料やパケット通信料を大幅に削減することが可能です。

話を戻しましょう。

今回は、携帯電話の海外でのパケット通信料を発生させない方法、考えたのは次の2つです。

1つは、その期間だけプロバイダ契約を解除してしまうこと。
この場合、インターネットやメールを全く利用できなくなりますが、同時にメールアドレスをリリースしてしまうことになるため、メールアドレスの変更を余儀なくされてしまいます。こちらは選択肢から外しました。

2つ目は、メール選択受信機能を利用する、ということ。
もともと携帯電話ではインターネットは行わないそうなので、メールに制限を設けたらいいでのは、と思いました。
渡航前にメール選択受信機能を設定すると、ある一定の期間だけメールサーバーでメールを預かってくれます。帰国後にすべてのメールを受信することで国内のパケット定額料金内で対応が可能です。
但し、海外で「メール問合せ」をすると全部受信してしまうので、それだけは行わないようにしなければなりません。

ということで、海外利用のためのパケット定額プランはつけずに、メール選択受信機能を利用することで、パケット通信料を発生させない方法を提案しました。

携帯電話には、使う人の数だけ様々な用途があります。
いずれの場合でも、用途に合った使い方をするために、海外へ渡航前には携帯電話の設定を予めチェックしておきましょう。

海外へ行く前にチェック iモード携帯をご利用の方へ